トランクルームに入る量は?

MENU

トランクルームに入る量は?

トランクルームに入る量は?

いざ、トランクルームを借りようとしたら、まず、気になるのが借りる部屋の大きさではないでしょうか?
預けようとしている荷物を問題なく保管するにはどれぐらいの広さのトランクルームを借りれば良いのか?
初めての方は特に迷う事と思います。
そこで、今回はトランクルームの大きさと入る量について考えてみたいと思います。

広さと入る量の目安

まずは一般的な広さと量の目安を紹介したいと思います。

 

0.5畳:衣装ケースや段ボールなどに小物、書籍、雑貨などの保管向け、家具、家電などの保管は難しい
お勧め:現在1Rにお住いの方
1畳:荷物が割と少ない一人暮らしの方向け。洗濯機、冷蔵庫、テレビなどの家電も可能。縦の空間を上手く使えば、ダンボールだけで約48個が可能
お勧め:現在1R〜1DKにお住いの方
1.5畳:一人暮らしでも荷物が多い場合は1.5畳がおすすめ、一般的な家具、家電にベッドの保管も可能。
お勧め:現在1R〜1DKにお住いの方
2畳:一般的な家具、家電に加え、ダブルベッド、自転車なども保管が可能
お勧め:現在1LDK〜2DKにお住まいの方
3畳:一般的な家具、家電に加え、ダイニングテーブルやソファなどの保管も可能
お勧め:現在1LDK〜2DKにお住まいの方
5畳:一般的な家具、家電に加え、食器棚、洋服ダンスなどの保管も可能。
お勧め:現在2LDK以上にお住いの方

空間を上手く使う

限られたスペースを上手く使う為には縦の空間を上手く使う必要があります。
おすすめはできるだけ段ボールなどを使い、縦に荷物を載せて保管する事です。
段ボールの状態ならわずか1畳で約48個の段ボールが収納できると言われます。

 

もちろん、この状態では荷物の出し入れが大変になりますから、基本的には日常で使わない物の保管となります。
現実的には比較的頻繁に出し入れが必要な物とそうではない物を上手く仕分けした上で、収納場所を工夫する事がポイントになります。
収納術が長けていれば、それだけ、狭いトランクルームでもかなりの量を保管する事ができるのは間違いがありませんね。

詰め過ぎは避ける

当たり前の事ですが、トランクルームが広くなれば、使用料金が高くなります。
コストパフォーマンスを上げるには広すぎないトランクルームを借りる事が必要になります。
ですが、だからと言って、詰め過ぎないようにしましょう。

 

詰め過ぎが拙い一番の理由は荷物の出し入れに労力を必要とする事です。
その為に、結局は面倒になって、放置する事にもなりかねません。

 

もちろん放置が目的なら問題は無いのですが。
またそれだけではなく、空間に余裕がなくなると湿気が貯まりやすく、保管する荷物によっては大変な事にもなりかねません。
荷物の出し入れの際に便利になるようにある程度の余裕を持った量を保管するようにしましょう。

現地の見学は必須

そして、何より重要なのはやはり、実際に現地に行って見学する事です。
ちなみに1畳と聞くととても狭い印象を持つ方がほとんどですが、実際に1畳のトランクルームを見ると「案外広い」と感じる方が非常に多いようです。
もちろん、大まかな量とサイズは検討しておく必要がありますが、契約前には必ず、事前に確認をするようにしましょう。

トランクルーム 人気ランキング

全国に1,000件の物件、部屋数60,000室以上を持つ業界でNO1のトランクルーム。
屋外、屋内の様々なタイプのトランクルームが用意されている。
場所や大きさなどの条件によって、料金設定が細かくされていてリーズナブルな点が魅力。
最新の管理設備が完備されているのでセキュリティ面でも安心です。
24時間、365日自由に荷物の出し入れができます。
室数が非常に多いので、希望するエリアで物件が見つけやすいのが人気の理由です。


⇒ ハローストレージ 公式ページ
屋内型トランクルーム専門の会社です。
無料の駐車場が完備されており、ビル全館がトランクルームになっているので、湿度、温度、セキュリティ管理などの機能面では他のトランクルームとは一線を画するほど優れています。
管理状態の品質を求める場合はキュラーズがおすすめです。
ただ、その分、若干利用料が高めに設定されているのが唯一のデメリットです。
予算が許せるのあれば、一押しのトランクルームです。


⇒ キュラーズ 公式ページ
自分で荷物の出し入れをする必要がない宅配型のトランクルーム。
荷物の管理や出し入れがWEBでできるので自分が動く必要がないのが最大の魅力。
また、品質管理が優れているにも関わらず、月々の保管料もリーズナブルなのも特徴です。
ただ、逆に言えば、自分で自由に出し入れができないので、手軽さという点では他のトランクルームには劣るのが欠点です。


⇒ 宅トラ 公式ページ